無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ハイテクノロジーの証拠!超古代文明跡「プマプンク」

 f:id:hentekomura:20171105161740p:plain

 

ボリビア 標高3,700mを超えるアンデス山脈高地に 

謎を秘めた超古代文明の建造物跡が存在する  

 

南米最大の湖チチカカ湖の南20km程の所にある  

プマプンク(PUMA PUNKU)

 

傍には世界遺産ティワナク遺跡がある  

 

 

2015年3月 

ボリビア政府ティワナク考古学研究センターによる 

地中レーダー探査装置で 

プマプンクからわずか1kmしか離れていない地下に 

ピラミッドや石柱が存在することも検出されている  

 https://www.democraticunderground.com/12291994

 

 

 

謎だらけのこの一帯に迫ってみたい 

プマプンクの画像はコチラ)

プマプンク - Google 検索

 

 

〇 プマプンク(PUMA PUNKU)

  

f:id:hentekomura:20171018152604p:plain
f:id:hentekomura:20171018153728p:plain

 

H型ブロックや 穴がキレイに削り開けられたブロックなど 

幅8m 100 t を超える巨石が散乱している この一帯は 

まるで レゴランドみたい  

巨人が遊び疲れてひっくり返したオモチャ箱のようなww   

f:id:hentekomura:20171018154922j:plain

 

〇 謎1 時代は いつ頃のものなのか?

 

(解明はされていないが) 

1945年 天文考古学者アーサー・ポスナンスキーは 

プマプンクは今から1万7千年前 

B.C1万5千年頃のものと結論付けた 

 

〇 謎2 巨石切断面の数学的精度 

f:id:hentekomura:20171018160346j:plain
f:id:hentekomura:20171018160348j:plain
f:id:hentekomura:20171018160352j:plain


散乱する安山岩(火山岩の一種)はとても硬く 

現代の技術をもってしても 

これほどに加工することは困難と言われる 

 

キッチリ90度に彫り込まれた角や 

岩を貫通しているキレイな円筒など 

 

一体誰が? どのような技術で? 何のために造ったのか? 

 

 

〇 謎3 高度な加工技術 

 

2011年1月 

イリノイ州ダンビルの光学専門家クリストファー・ダン

プマプンクの花こう岩のカケラで切断テストを行っている 

 

レーザーカッター と ダイアモンドカッター を試し 

顕微鏡で確認したが プマプンクの切断面とは違うものだった 

 

プマプンクの岩の表面は 

まるでキッチンの天板のように滑らかで 

サイドには 等間隔に掘られた穴もある 

 

f:id:hentekomura:20171019013347p:plain

絵がヘタ過ぎて申し訳ないのだけど 

指先ほどの小さな穴が 同じ大きさで等間隔に掘られている 

 

精密機械や 電動工具でもあったのか!? 

 

 

〇 謎4 建設方法は? 

 

100 t もある巨石を どうやって運んだ? 

 

一説に言われる「丸太を敷き詰め転がして運んだ」は違うと思う 

 

標高4,000mに近いこの地は 樹木限界を超えていて 

まわりの山に 樹は生えていない 

運搬に使う樹木など無い 

 

巨石を どうやって複雑に組み合わせた?

 

現代の建築方法をもってしても その形状や配置は困難なもの 

 

空中浮遊させた? 反重力を利用した? 

 

もし そういう技術があるとしたら 

世界中にある巨石群の謎も解明するのだけど  

 

〇 謎5 ティワナク遺跡との関連は? 

 

ほんの1kmほどのところに 

1960年代にボリビア政府により発掘された半地下神殿の 

ティワナク遺跡がある

 

プマプンクとは その構造や 造られた時代は全く異なっている 

 

インカの人々の伝承では 

ティワナクは祖先が造った  

しかし

プマプンクは自分たちの祖先が造ったのではなく 

空から来た者が 一夜で造ったと 

 

 

正方形に窪んだ中庭を囲むように

ティワナク遺跡の壁には 無数の顔が埋め込まれている 

 

f:id:hentekomura:20171019015102j:plain
f:id:hentekomura:20171019015105j:plain

 

鼻筋の通った顔・鼻ぺちゃな顔・唇の分厚い顔・唇の薄い顔 

ターバンを巻いた顔・頭骨の長い顔・・・

それらはまるで 世界中の人の顔を現しているようにも見える  

今でいう国連本部に掲げられた国旗のようなもの?     

 

中には 逆三角形の グレイに見える顔も、、、 

宇宙からの来訪者もいたのか? 

 

  

ラパス黄金博物館に 

1950年頃チチカカ湖で発見された陶磁器の深皿がある  

その内側に(1万3千km離れた)シュメールの楔形文字らしいものと  

さらに原始的な象形文字が描かれている 

 

これらは テレビ放映された画像でも見たが 

ぜひ現地に行って 実際に見て確かめたい! 

 

今から1万年以上も前に  

世界中を飛び回る 何者かがいたのだろうか? 

 

の多くは   

今の時点で明らかにされていない  

 

f:id:hentekomura:20171019022700j:plain

 

〇 ティワナク遺跡 ”太陽の塔 ”

f:id:hentekomura:20171019023703p:plain

1枚の安山岩で出来ていて10 t 以上と言われる 

 

この門を潜った先に  プマプンクがある 

 

 

今後 確かな調査結果が出た場合には 

また追記していきたい 

 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆ 

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪  

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村