無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

75年前 岐阜に落ちた隕石と 5万年前 アリゾナに落ちた隕石が同じ天体からという宇宙の不思議

f:id:hentekomura:20190320160511j:plain

 

2012年10月 畑仕事をしていた男性が「変わった石だなぁ」と見つけて 家に持ち帰ったのは 75年前 岐阜に墜ちた隕石だった  

 

この鉄隕石の 大きさは 15cm×20cm×15cm   重さは6.5kg

2018年2月 「長良隕石」として国際登録された

(画像はコチラ)

www.google.com

 

 

岐阜市科学館でこの隕石展示を見た別の男性から 

同じような石を発見したとの知らせがあり 9.5kgの鉄隕石と判明 

 

岐阜に住む90歳の女性からも  

「75年前 火の玉がおちるのを目撃した」との情報が入った  

 

隕石落下の同年1944年 当時16歳だった彼女

マリアナ諸島テニアン島で兄が戦死したとの知らせがあり 

「魂が帰ってきた」と火の玉に手を合わせる母の姿が 記憶に強く残っていた  

 

自宅西方から 長良橋上空を東へ 尾を引いて落下する火の玉を見たという証言は 

発見された隕石に合致するものだった  

 

研究者の間では まだあるのでは?と引き続き探索が行われた 

 

  

そして 物語はまだ続く 

 

発見された鉄隕石を切断し 成分を詳しく調べたところ 

5万年前 アメリカ アリゾナ州に墜ちて 直径約1.2kmのクレーターを作った隕石と成分が同じだった   

 

それが 過去記事の中でも紹介していたバリンジャー・クレーター

www.rairi.xyz

  

〇 バリンジャー・クレーター(別名ミティア・クレーター)

f:id:hentekomura:20190216140220p:plain

アメリカ アリゾナ州

約5万年前に衝突したと推測される

 

 

 

このことから 太陽系形成初期の出来事が推察される    

46億年前 ひとつの天体が砕け散って 地球周辺を漂っていた  

そのひとつが 約5万年前 アリゾナに墜ち 75年前 岐阜に墜ちた 

f:id:hentekomura:20190320161221p:plain



 

近年 どんどん明らかになっていく宇宙の物語 

ワクワクが止まらない  

 

 

追記(3月22日) 緯度はほぼ同じ=北緯35度 

 

アリゾナ州 バリンジャー・クレーター  = 北緯35.027591 

岐阜 長良橋 = 北緯35.439648 

 

46億年前砕け散った天体は 

地球北緯35度に墜ちやすい?所に漂っているということなのだろうか? 

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆

f:id:hentekomura:20190320162828j:plain

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村