無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ただ 近所の写真を撮ってみた

f:id:hentekomura:20190719191430j:plain
 

写真を撮りながら歩いてみた 楽しかった  

・・・父に似てきた? とひとり笑えた 

  

亡くなった父の 趣味のひとつが写真だった 

私の目には どれも同じような写真にみえて 

興味を示してあげなかったことを 今は少し後悔している  

 

 

先日書いていた近所のおばあさんへ届けたくて 

www.rairi.xyz

 

いっぱい撮ったのだけど その幾つか~ 

 

f:id:hentekomura:20190719191517j:plain
おばあさんちの門扉横のノウゼンカズラ 

 

f:id:hentekomura:20190719191541j:plain
f:id:hentekomura:20190719191542j:plain

西の山へ続く坂道 と 麓の田んぼ 

 

f:id:hentekomura:20190719191604j:plain
f:id:hentekomura:20190719191607j:plain

バス停 と バス停横の木の根元 

 

f:id:hentekomura:20190719191630j:plain
スーパーへ向かう信号待ちの横断歩道 

 

f:id:hentekomura:20190719191648j:plain
f:id:hentekomura:20190719191649j:plain

おばあさんの家の前を流れる水路 と その中で水を飲む野鳥 

 

f:id:hentekomura:20190719191716j:plain
f:id:hentekomura:20190719191718j:plain

街の外周道路 と ちっちゃなポスト

 

f:id:hentekomura:20190719191741j:plain
f:id:hentekomura:20190719191808j:plain

話しかけたくなる凛とした樹 冬 と 夏

 

 

旦那さまが言うには

「なんか目線が抽象的すぎというか、、、」と 評価はイマイチなのだけど  

 

確かに、、、けど 日常の目線って

そんなところ? ってとこにあったりすると思いませんか?

 

例えば私の場合 

「半年間の自転車旅の思い出は?」って 聞かれたなら 

観光地や有名な場所とかじゃなく 

「雨に打たれていた道端の小石」が浮かんだりする 

 

 

見せるほどでもない写真ばかりだし 

おばあさんの心にどれほど寄り添えるのかワカラナイけど 

 

1枚でも おばあさんの想いにリンクしてくれればいいなぁ

と 勇気を出して届けてみる 

 

いや むしろ 

私が渡すアルバムなんて忘れてしまうほど 

秋からは 新生活を愉しまれるよう 心から祈りたい 

 

 

おばあさんは 

この夏はこの街に留まり 秋に引っ越し予定とのこと  

 

おじいさんと暮らした日々を いっぱい胸に詰め込んで  

もうすぐ おばあさんの新しい人生が始まる 

 

 

ご訪問ありがとうございました

感謝☆

f:id:hentekomura:20190719193029j:plain

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村