へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

猫の匂い認識その後&獣医さんから教わったこと(皮下点滴)

f:id:hentekomura:20180501003458j:plain

 

動物病院から帰宅後の威嚇攻撃 その後と 

獣医さんから教わったこと備忘録 

 

一昨日の記事でご心配いただき  ありがとうございました  

 

www.rairi.xyz

 

空くんは  もうすっかり元気になって いつもの甘えたにゃんデス    

(原因が何だったのか   ハッキリしないのは気になるところだけど) 

 

凛ちゃんの  シャーッ!と威嚇の回数は減ってきたものの  

まだ距離を置いていて  

元どおりの仲良しになるには  もう少し時間がかかりそう   

 

猫って  違う匂いを察知してしまうと  違う猫だと勘違いするの?  

仲良しの兄と妹で  そんなことあるのかなぁ?

 

まぁ 少しづつ距離は縮んできている様子   

 

仲良しの時は ホットパネルの上に 2にゃん  こんな感じだった  

f:id:hentekomura:20180501003338j:plain
f:id:hentekomura:20180501003340j:plain

今日は  まだ距離がある  

f:id:hentekomura:20180501003319j:plain

けど 同じソファに居るだけでも ちょと近づいた♪ 

 

 

可笑しかったのが   

寝ている空くんソーッと近づいた凛ちゃんが  

クンクンッ  クンクンッと  

空くんの尻尾から喉元まで全身を匂い始めて   

 

途中 目が覚めて気付いた空くんが      

いつまたシャーッ攻撃にあうかという緊張の中 

クンクンされるままに微動だにせず  じっと我慢していた   

 

凛ちゃんの気持ちが 収まるのを ただひたすら待つ 

とても健気で  優しい空くんだった

 

仲良しにゃんずに戻るのは  もう少し 時間の問題みたい♪

 

「猫の皮下点滴」について

 

毛の多い動物の場合  

皮膚をビニョーンとつまめるので  皮下点滴が楽なのだそうで   

猫の場合  

背の肩甲骨の下あたりをつまみ上げて 針を45度に刺す   

f:id:hentekomura:20180501003140j:plain

脱水を防ぐため   点滴を打つという獣医さんに  

「いただいたスポイトで飲ませるので  それでダメですか?」と質問   

 

だってね   出来るだけ空くんの体に針を刺したくなかったから   

 

「点滴の方が  早く元気になるから打ちます」とハッキリ言われて  

 

だけど 250mlのパックは けっこうな量にみえる  

 

「そんなに入れて大丈夫なんですか?」とまた 言ってしまった   

 

きっと   うるさい飼い主と思われたに違いないけど 

獣医さんは とても優しく丁寧に説明くださった  

 

・ 空くんは体重4.5kgで 量は大丈夫なこと 

 

・ 人間の点滴と違って  ポタポタと落とさなくて  

ツーと どんどん管に流していくけど それも大丈夫なこと 

f:id:hentekomura:20180501003040j:plain

 

・ 背中に入った点滴液が  ラクダのコブみたいに膨らんで 

それが脇下へ落ちて ゆっくりと毛細血管から吸収されること 

 

・ 毎日とか点滴が必要となる腎疾患の猫の場合 飼い主が自宅で点滴出来ること 、、、などなど

f:id:hentekomura:20180501002945j:plain

 

イロイロとお話くださる 感じの良い獣医さんだった 

 

    

帰宅すると空くん 脇の下が  タップタプになっていた    

 

ちなみに費用は 

初診のカルテ作成・診察・血液検査など  全部で11000円くらい  

 

点滴液だけ見ると 250ml  = 2500円

  

もし  重篤な腎不全となると    

大抵の飼い主さんは  自宅点滴するらしい   

 

 

動物病院へ連れて行く場合のキャリーバックは  

天が開けられるのがおススメ!    

猫はキャリーバックの中だと逃げ場無く  おとなしくしてくれるので  

点滴する際にもやりやすい

 

(ウチのキャリーバック)

f:id:hentekomura:20180501002826j:plain
f:id:hentekomura:20180501002827j:plain

天の網部分が開閉可能で ここから点滴出来た  

f:id:hentekomura:20180501002648j:plain

 

 

それにしても 私 「おバカ飼主」爆裂だったワ  

 

まず受付で  「どんな子ですか?」と聞かれて

「優しくて  おおらかで  気遣いのある子です」って言ったら、、、笑われた   

噛むかどうかとか?を聞きたかったみたい 、、、  

 

病院に行って 緊張していたのは 

空くんより 私の方だったかもしれない 汗 

 

 

ご訪問ありがとうございました

感謝☆ 

f:id:hentekomura:20180501002557j:plain


  

ポチっと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村