へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

オーロラ愛好家が発見した紫の未知の発光現象「スティーヴ」

f:id:hentekomura:20180505145506j:plain

 

「謎の紫の光」その発見のキッカケとなったのが 

「オーロラチェイサーズ」といわれる愛好家たちによるものだった

 

結論から言うと 

このオーロラのような 「紫の光」の正体は 

今のところ まだハッキリと解明されていない 

 

先月初めのニュースにもあったけど 

 

style.nikkei.com

 

 

愛好家の発見から始まり 

世界中の科学者を巻き込んだ ロマン溢れるストーリーを   

2014年の写真撮影から 2018年3月14日 

学術誌「 Science Advances」に第1報が掲載されるまでをまとめてみた 

 

 

「スティーヴ」と名付けられた未知の発光現象 

 

2014年8月27日 

 

カナダ カルガリーに住む写真家ニール・ゼラー氏は 

緑色のオーロラの南側に 紫の筋のような不思議な光の撮影に成功 

 

その光は 30分近く光って消えた 

その後 2015年7月13日 PM8時頃 ~ 2016年8月4日 というように 

数か月に1度現れる奇妙な光について 

オーロラ愛好家の一員である彼は 仲間に相談した 

 

カナダのオーロラ愛好家たちが集まる 

アルバータ オーロラ チェイサーズ(Alberta Aurora Chasers)には

1万人の会員がいて 

実際に撮影に出掛けるのは 内400人くらいというが 

この「謎の紫の光」の呼びかけに すぐに100件の写真が集まった 

  

その不思議な光は「スティーヴ」と名付けられた   

 

「スティーヴ」の画像はコチラ 

謎の発光現象 スティーヴ - Google 検索

 

NASAのwebサイトに 似た写真があり 

プロトンアーク(Proton Arc):陽子のオーロラ 

と表記されていたことから 

 当初はプロトンアークかと思われたが 

 

オーロラ研究のカルガリー大学 ドノヴァン教授は この判断を否定 

陽子オーロラは 肉眼では見えない弱いもので 

この「紫の光のスジ」は別物と位置付けた 

 

f:id:hentekomura:20180505145219j:plain

 

そもそも オーロラは 

地球大気圏の上層部にある電離層に エネルギーとなる太陽風が当たり 

粒子が極地に振り注ぎ 大気中の酸素や窒素と衝突して発生するもの 

 

f:id:hentekomura:20180505145134g:plain

 

電子が衝突して発生するのが=オーロラ 

陽子が衝突して発生するのが=プロトンアーク 

 

イオン荷電粒子が衝突して発生するのが=スティーヴ 

ではないかと推測されている   

 

(*荷電粒子についてはコチラ参照  荷電粒子 - Wikipedia )

 

がっ しかし  

スティーヴの画像の中には 柵囲い(Picket Fences)と名付けられた 

謎の緑の縞模様が写り込んでいるものもあり 

現在は その解明も まだされていない  

 

2016年7月25日

 

地上からの観測に行き詰まっていたところ 

欧州宇宙機関の地磁気観測衛星SWARMが 

高度460kmというスティーヴにほぼ近い所を通過し 

スティーヴの謎に一歩近づいた 

 

2017年5月 

 

ヨーロッパ宇宙機関が開いた科学会議で 

SWARMからの 分析結果が発表された 

 

スティーヴは 

秒速6km ←弾丸の10倍の速さ 

6000℃ ←地球コアとほぼ同じ温度 

というイオン粒子  

 

2018年3月14日 

 

第一報が掲載された サイエンス・アドバンス誌には 

スティーヴ発見に貢献した

アルバータ オーロラ チェイサーズ(Alberta Aurora Chasers)の名前が記載されている

 

アマチュア愛好家たちが 世界中の科学者に協力して 

今も観測情報を提供している 

 

これから解明されていく 謎の大気の発光現象  

ワクワクする♪   

 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆

f:id:hentekomura:20180505145058j:plain

 

 

ポチっと応援よろしくお願いします♪ 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村