無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

「宇宙は加速膨張している」と発表されてから20年 ダークエネルギーのこと 

f:id:hentekomura:20181206123139j:plain

 

宇宙は「収縮」か「減速膨張」か それまでは2つの説に分かれていた  

そのどちらでもない「宇宙は加速膨張している」と発表されたのは 1998年5月 

世界中の天文学者や物理学者を驚かせた 

 

〇 宇宙は加速膨張している 

 

発見のキッカケは 観測がしやすい超新星の 地球からの距離と 遠ざかる速度だった 

遠くなるほど 暗くなる → 距離 

光の波長 → 速度  

f:id:hentekomura:20181206123108p:plain


音のドップラー効果で 遠ざかる音が低くなるのと同じように 

遠ざかる光には赤方偏移が観測される 

 f:id:hentekomura:20181206123044p:plain

星を観測すると 遠ざかる波長は引き伸ばされ より赤く見える 
赤くなる程度によって 遠ざかる速度が計算出来る   

 

f:id:hentekomura:20181206122829p:plain

もし同じ速度で宇宙が膨張しているなら グラフはこのように直線になるはずが 

観測では加速ゾーンだった  

 

「宇宙は加速膨張している」

このことが1998年5月に発表され 

2011年2月 ノーベル物理学賞が3人に授与された 

 

サウル・パールムッター教授(ローレンス・バークレー国立研究所)

ブライアン・シュミット教授(オーストラリア国立大学)

アダム・リース教授(ジョンズ・ホプキンス大学)

 

〇 ダークエネルギー

 

加速膨張を引き起こしているのは 一体何なのか? 
そのナゾのチカラは ダークエネルギーと名付けられた  

 

2001年 NASAが打ち上げた宇宙探査機WMAPは 

宇宙のあらゆる方向から電波をとらえて その電波のムラから宇宙誕生を探っている  

 

f:id:hentekomura:20181206122733p:plain
(絵がヘタでちょっとビミョウではありますが 汗) 

 

138億年前ビックバンで 水素など物質が星を形成していき  

(物質が引き合う力=重力が働く)

宇宙の膨張は 重力ダークエネルギーがもつ力とのバランスで決まる

 

宇宙が誕生した頃は 

宇宙の物質(=重力密度)は濃く 宇宙の広がりは減速していた 

しかし

宇宙が広がっても密度が一定というダークエネルギーが重力を上回った時 

加速膨張が始まり 宇宙の広がりは 今後も加速すると考えられている 

 

1千憶年後とか とてつもなく先のことだけど  

夜空を見上げても 星はスカスカって状態?になるのかな~ ハテ? 

ーーーーーーーーーーーーーー 

 

宇宙を構成しているのは ダークエネルギーが約70% ダークマターが約26%  その正体は まだまだ 

 

銀河系など 人類が観測可能な宇宙の原子は 5% にも満たない 

f:id:hentekomura:20181206122700p:plain
(2003年以降 観測精度が高められ上記の数値が判明している)
 

ところで

ダークエネルギー(暗黒エネルギー)と ダークマター(暗黒物質) 

呼び名似ていてヤヤコシクないですか? 何やら「悪」を連想させるし 

ダークエネル逆に 強い重力を持つダークマターが混同されやすい  

 

Unknown Energy(知られざるエネルギー)Dark Matter(暗黒物質)ってネーミング どうでしょう?その方がわかりやすくないですか?(←勝手に言ってろ)

 

〇 宇宙探査のこれから 

 

2020年 ESA(ヨーロッパ宇宙機関)が打ち上げ予定の 

独自の宇宙望遠鏡ユークリッド 

  

14ヵ国1200人の科学者たちが参加して暗黒宇宙をとらえようとしている 

 

宇宙探査に国境無し! 謎の解明にワクワクする 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆

f:id:hentekomura:20181206122644j:plain

 

ポチっと応援よろしくお願いします♪ 

 
にほんブログ村