無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ある不倫の顛末

 

f:id:hentekomura:20170721161205j:plain

(登場人物は 仮名) 

ともさん 45歳男性 妻 ふたりの子供 大手企業サラリーマン 

まみちゃん 25歳女性 独身 OL 

 

 

ともさんとまみちゃんは

私のダンスレッスン大人クラスの 熱心な生徒だった 

 

いつも笑顔のまみちゃんは ダンスセンスもよくて 

性格は あっけらかんとした良い子 

 

いつだったか  

頂き物のビールが(ウチはビールを飲まないので)箱で余っていて 

捨てるのはモッタイナクテ処分に困っていると言ったら 

 

「ソレください! おうちまで取りに行きますから」 

 

「いいけど 賞味期限がね あと数日しかないww」 

 

「あー全然問題ないデス うちの親 賞味期限って 

 1か月くらい過ぎてるのってフツウに平気ですから」 

 

まみちゃんは 賞味期限のないビールを 取りに来てくれた 笑 

 

 

ともさんは    

ダンス仲間の交流の場として作ったホームページの掲示板にも

積極的に参加してくれたり 

私がソロを踊るイベントの際には 必ず花束持参のダンディーさをみせる人だった 

 

f:id:hentekomura:20170721162630j:plain

 

このふたりの不倫関係に 鈍感な私は全く気付いてなくて 

まみちゃんがダンスを突然やめると言った時も 

 

来る者拒まず 去る者追わず を信条としている私は 

とても残念に思ったものの 理由を尋ねることはしなかった 

 

まみちゃんが教室をやめてから しばらく経って 

頻繁に来るともさんからのメール内容は 恋愛相談だった 

 

「いま真剣に恋をしててさ」 

 

その相手は私の知らない女性だと言い切っていたから 

これまた鈍感に気付きもせず 話を聞かされる私 

 

50代を目前にして 男として?焦るんだとか

プライド投げ捨ての相談だったが 

ともさんの奥さんとは2度 面識がある 

良妻賢母な温和なイメージ 

 

恋愛相談されても 心境複雑なんだけど、、

 

 

「25の女の子が俺の相手してくれるんだよ~」 のセリフには

ちょっとゾッとした   

 

鈍感な私が ようやく相手がまみちゃんだと気付いてからは 

相談内容はどんどんリアルになって

 

彼女のために部屋を借りたこと 

会社と自宅の中間地点に 段取りよく借りたこと 

 

家族を捨てても彼女との人生を考え始めていること

奥さんが気付いているかもしれないこと 

 

中でもショックだったのは ふたりの不倫のキッカケが  

私が企画主催した 某ホテルでのダンスイベントパーティーだったこと 

 

 

 

 「彼女との恋がもし終わっても キット奥さんにも子供たちにも 捨てられる 」 

「 覚悟はある?」

 

キツいアドバイスを送ってしまった  

 

 

その後の経緯を 詳しくは知らないけど 

数か月後 ともさんからのメールでは 

「別れた。 好きな男性と出会えたらしい」

 

彼女のために身を引くとか 

奥さんとは 少しギクシャクしたとか   

運よく子供たちにはバレなかったとかの内容だった  

 

 

f:id:hentekomura:20170721163425j:plain

 

2年後 驚いたことに 

主催する舞台の楽屋に 花束を持って まみちゃんが来てくれた 

 

結婚して隣の県に住んでいるそうな 

「もうすぐベイビーが」と 大きくなったお腹を擦りながら 

シアワセいっぱいの笑顔だった 

 

ともさんの話はいっさいしなかった 

 

ともさんが私に ふたりの事情を話していることを 

彼女は たぶん知らないだろうと思うし      

  

 

「シアワセそう!よかったね♪ きょうは来てくれてありがとう」 

 

 

彼女に掛けた言葉はそれだけだった 

 

バタバタしてしまって 気付くと 

もう 彼女の姿は楽屋から消えていた 

 

その日 ともさんからは 舞台に花束が届いていて

カードが添えられていた

   

「ゴメン仕事で きょうは観に行けなくて残念」 

 

 

 

 

まみちゃんにも ともさんにも 奥さんにも 

もう何年も 会っていない 

 

 

誰も傷つけない不倫なんて 

 

ありえない 

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村