へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ムダ毛処理の歴史はいつから?処理はしないと選択した女性たち

f:id:hentekomura:20181102172222j:plain

 

アクアビクスのインストラクターをしていた頃  

レッスンを終えてから 自由にプールで過ごす時間が楽しかった 

2km通して泳いだり 水中ヨガしたり、、、 

気ままな施設利用を許してくださっていたクラブに感謝☆ 

 

その頃 月に数回会う程度だったけど とても印象深いメンバーさんがいた 

 

50代のその女性は バツグンのスタイルで 水着も周りとは違っていた 

スポーツクラブのプールでの水着と言えば 

スパッツに水着だったり いわゆるノーマルな地味なものが多く 

ハイレグ水着の彼女は やや目立つ存在だった 

 

口紅を注意された時も 

「これはウォータープルーフだから」と 譲らず 

クラブとしては 

プールでは お化粧を落として!と他のメンバーには徹底している手前 

彼女が赤い口紅でやって来るたびに 注意しなければならなかった  

 

彼女が目立った もうひとつはワキ毛処理無しの 真っ黒ぼうぼうだったこと 

これはクラブとして注意することでもなく 

 

堂々としている彼女を見ていると 

ポリシーを持ってのことなのだと ある意味 感心した 

 

ある日 20代の娘さんと来られた時には 

衝撃が ×2!  

お母さんゆずりのスタイルの良さと 超ハイレグ水着と 

ワキは やはり ぼうぼうだった 

 

この母娘には ワキ毛処理はしない!という 確かなポリシーがあったのだ 

 

だけど 超ハイレグ、、、アンダーヘアの処理は しているのね? 

こだわりは人それぞれ  

 

そういう自分はというと  

もう何年も前に エステで処理をしてからは 

全く手間無し ツルスベ♪ 

(ワキだけね 超ハイレグは着ないので ← いらない情報ww)

 

 

ところで 

ワキ毛処理をすることが常識になったのは いつからなんだろう? 

 

1915年頃 アメリカのファッション誌で 

「夏服を着る時は ワキ毛を処理しよう」という広告が出てからとか   

日本では 1960年代頃 ノースリーブを着初めてからといわれているらしい 

 

 

そもそも ワキ毛はアポクリン汗腺を守り その匂いも セックスシンボルともいわれ 

最近では 逆に「どうして剃る必要があるのか」と 

あえて処理をせず 主張する女性も増えている(マドンナとか一部のトップモデルとか)  

 

国によってもさまざまで 要は 社会通念によるもの  

時代や社会が変われば日本でも ぼうぼうがフツウになる時が来るのかも?  

 

ツルスベ or ぼうぼう 

あなたはどっち派? ってか どっちでもいいか 笑 

 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆  

f:id:hentekomura:20181102172405j:plain

ポチっと応援よろしくお願いします♪ 


にほんブログ村