無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ネムルト・ダウ(胴と首が切り離された紀元前の巨像たち)

 f:id:hentekomura:20190525185914j:plain

  

19世紀後半にオスマン帝国軍が行軍の際 頂上付近に偶然発見した建造物 

1881年から本格的に発掘が始められた

 ネムルト・ダウ(Nemrut Dağ)

トルコ東部 標高2134mのネムルト山 

 

直径152cm 高さ49mの頂上部に 首のない巨像が鎮座している

f:id:hentekomura:20190525190008j:plain

f:id:hentekomura:20190525190023j:plain

 

その首のない巨像の前に 

王の他に ワシやライオンや神話の神々の首が並ぶ 

f:id:hentekomura:20190525190052j:plain

 

何故 胴と頭部が切り離されているのだろう?

 

地震説 イスラム教徒による偶像破壊説がいわれているけど 

どちらにしても 首が整然と鎮座していることに違和感を覚える 

f:id:hentekomura:20190525190122j:plain
f:id:hentekomura:20190525190124j:plain
f:id:hentekomura:20190525190125j:plain

 

それよりもに感じるのは 

並ぶ巨像の後ろにみえる小山 

f:id:hentekomura:20190525190159j:plain
 

コンマゲネ王国の王アンティオコス1世が BC62年に建てたとされているけど 

王墓は発見されていない 

 

というのも  

 

足を踏み入れれば崩れてしまいそうな状態に積まれた小石の山 

盗掘を避けるためなのか 小石を積み上げた工法は

現在でも 復元は不可能と考えられているため発掘も出来ずにいる 

 

まるで上空からザーッと小石を降らせて積み上げたような、、、 

どうやって造ったんだろう?

 

ーーーーー 

話はソレてしまうかもだけど 以前から気になっていた

大きく地図で確認するとこの辺り かなり興味深い 

これまで当ブログで取り上げただけでも だらけ 

www.rairi.xyz

www.rairi.xyz

www.rairi.xyz

・カッパドキア

・デリンクユ地下都市 

・ノアの箱舟が流れ着いたとされるアララト山 なども 

f:id:hentekomura:20190525203316p:plain




 

 

この地図から右上に 

黒海カスピ海に挟まれたコーカサス地方でも 

紀元前9500年ごろの金属器が発見されている

 

地球上の文明の発生起源はこの辺りにあるのでは?という気がしてくる 

まだまだ発見は続きそう♪ 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆

f:id:hentekomura:20190523153414j:plain

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村