無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ダンスが僕らの夢だった(5/5)「背中を押しているから」

f:id:hentekomura:20190417182212j:plain

(5)「背中を押しているから」

 

 (1)(2)(3)(4)からのつづき 

ダンスが僕らの夢だった(1/5)「スピード違反」

ダンスが僕らの夢だった(2/5)「ずっと続くと思っていた」

 ダンスが僕らの夢だった(3/5)「1年間の変化」

ダンスが僕らの夢だった(4/5)「戸惑う」

 

 


「開けていい?」


封筒の中を覗いて  それが何か すぐに理解った  

 

f:id:hentekomura:20190417182229j:plain


 
カッコいいデザインだと  みんなに褒められていた 

ケント愛用のシルバーリング 

 


手のひらに乗せて しばらく見つめてから  

それを自分の左手人差指に滑らせた 



「預かっておく  次 会う時まで  預かっとくね」

 

リングをハメた左手で ピースサインしてみせた


「あぁ うん  ありがと」

 


硝子張りの外  下に駐車場が広がっていた

「どこ停めた?」

「あそこ  ほらっ向こうから5列目の端っこ」

 

「ここから見てるよ  運転気をつけてな」


「ハグする?」

 

「おぅ」

 


踊った後 みんなでよくやっていた  お疲れ~。のハグ  

まわした両手で相手の背中を軽くポンポンと叩く 

 

 

私の背中をポンポンとしてから  

ケントはギューと腕に力を入れた 

 

 

「じゃぁ またね」 と精一杯微笑んでから  

階段を イッキに駐車場まで駆け下りた  

 

 

再び会ってこんな風に話し合うことが もうないかもしれない不安が  

車の所まで走らせた 

 

運転席のドアを開け  4階を見上げるとケントが手を振っていた 

 

 

、、、サヨナラなんかじゃないっ!

首を大きく左右に振って  

指輪を見せるように  強く握った左手を高く挙げた 

 

ケントは振っていた右手をゆっくりと降ろし  

私の手に合わせるように 左拳を高く挙げた 

  

f:id:hentekomura:20190417182251j:plain

 

夕焼け空が 窓硝子全体に映って  

ケントの体が オレンジ色の雲の上に 

まるで浮かんでいるように見えた 

 

・・・泣いちゃダメだ 

 

なんとか笑顔で 運転席に乗り込んだ 

 

伝え忘れた言葉が 胸を締め付けていた 

  

ーーーーーーーーーーー

 

帰りの高速道  

溢れる涙を拭うことなくハンドルを握っていた   

 

 

近畿圏に近付いて ラジオのノイズがFM802に変わる頃  

涙は枯れてしまって   

往復約600kmの走行で 肩は岩石のように重くなっていた  

 

・・・踊ってたら 肩凝りなんてないのにね  

 

話しかけるように  ポツンと 

意味のない独り言に  笑った 

 

 

高速出口を降りる時  

深夜のFMから 気持ちのいいR&Bのメロディーが流れた 

 

ボリュームを上げ  頭の中を振り付けで一杯にした  

 

、、、5、6、7、8、

右手を体側に沿って大きく回したら 右足を前へ  

次に左足を踏み込んで 両手を水平に切って  

足をジャンプクロス ターンして 後ろへ2歩 

キックアップした右足を横へ  

上体を左右に揺らしてからロールアップしたら 

右足後ろクロスで 左へワンツー 

ニースライド~右手床~ヒップアップしてウェーブアップ 

前へ 右足~左足タッチ~ポーズ 

後ろ向き4カウント歩き~ジャンプアップターン 

左拳を高く挙げる! 、、、1,2,3,4、

f:id:hentekomura:20190417182311j:plain

 

ーーーーーーーーーーー
  

祈れば何でも叶うなんて  

そう簡単に言えはしないって わかってる  

 

でも信じたいんだ  

夢見た日々は 輝いていた  

 

だから 信じているんだ 

これから何が起きようと  

キミは前を見て歩く  

 

きっとまた 夢を見つけて歩いていく  

さぁ 笑顔しよ 

 

あの日の僕らが キミの背中を押しているから  

  

f:id:hentekomura:20190417182212j:plain

 

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村