無知の知ノート

知りたいコト 調べたコト 体験したコト ... and so on

ダンスが僕らの夢だった(2/5)「ずっと続くと思っていた」

f:id:hentekomura:20190411012412j:plain

 

(2)「ずっと続くと思っていた」

 

(1)からのつづき

ダンスが僕らの夢だった(1/5)「スピード違反」

 

 

 大手スポーツクラブでの同僚だったケントは  端正なルックスも手伝って

レッスンでは女性メンバーが取り巻く 人気のダンスインストラクターだった 

 

同じ職場といっても

担当の曜日も時間帯も違えば 顔を合わせる機会は無く  

 

初めの1年近くは  

ロビーに張り出されたインストラクター紹介パネルで 互いを知るだけで   

来日ダンサーのワークショップで 偶然顔を合わせた時にも  

軽く会釈するだけだった 

 

f:id:hentekomura:20190411012622j:plain
  

職場で人気を競い合っているという点で  

互いにライバル心が無くもなかったけど  

 

同じストリートダンスとはいっても  

振り付けや教え方は個々のものだから 

とにかく自分を磨くことで精一杯で 

 

出会ったワークショップでも 視野に彼は無く 

手足の長い黒人ダンサーの大きな動きに 

ついて踊るだけで必死だった  

 

 

どんな職業もそうであるように ダンスの世界も奥が深い  

人に教える立場だからこそ 

レッスンを受けに出掛けることも重要と考えるダンサーは多く  

各所のスタジオで顔を合わせることは しばしばあった 

 

HIPHOP・ HOUSE ・JAZZ ・AFRICAN・ LOCK ・SOUL・・・

いろんなワークショップの場で互いを見かけるうちに

会話するようになった   

 

f:id:hentekomura:20190411012647j:plain

 

職場のクラブでは集客第一で  

人気のないイントラは 即クビという厳しさの中 

 

振り付けや選曲を工夫して 

レベルが様々なメンバーに対応しなければならない大変さとか  

そんな話も 素直に分かり合えた  

 

何より  ダンサーとして技量を高めたい情熱は同じで  

通うスタジオでは 知り合っていく仲間たちも増えていった 

 

顔を合わせる常連たちの事情はさまざまだったけど  

大好きなダンスで食べていきたい夢は共通していた 

 

性格男前なサヨリは 

踊れるスペースと時間が取れるという理由で 

倉庫管理のバイトをしている  

 

心優しいジンは  

介護の仕事に従事しながらダンサー修行に励んでいる 

 

笑い上戸のユッチは 

昼はOL 夜はスタジオ通いの毎日  

 

芯の強いアッコは  

和歌山から大阪までレッスンを受けに通っている  

 

ムードメーカーのショウマは 

大学ではダンスサークルにも入っている  

 

女子力高いモッチや  

CD編集が得意なハヤトは  

フリーのインストラクターとして 数箇所のクラブでレッスンを持っている  

   

クタクタに踊りきったあとは  階段に座り込んで30分ほど   

 まったりとした時間を みんなで過ごしてから帰宅するのが 

 決まりみたいになっていた 

 

f:id:hentekomura:20190411012709j:plain

 

確実な将来なんて見えないまま 体力的にも苦しい中 

ただただダンスが好きで 集まっていた  

 

シンドくても楽しい

こんな日々がずっと続くかのように 

毎日 ひたすら踊っていた 

 

ーーーーーーーーーーーーーー 

 

ケントが「長野に帰る」と伝言を残して姿を消したのは 

余りにも突然のことだった 

 

ポッカリと穴が開いたような 喪失感で   

それでもみんな 前へ進むしかなくて  

彼の話題を口にすることは 敢えて避けていた気がする 

 

実家から帰って来い とでも言われたのか?  

それで 仲間もキャリアも捨てることができたのか?  

 


何もわからないまま  まさか病気だなんて  

誰も想像さえしなかった 

 

  

つづく

 

ご訪問ありがとうございました 

感謝☆

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村