へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

うちわ(幼い日 母の記憶)

f:id:hentekomura:20170808160213j:plain

 

あまりの暑さに目が覚めた 

首筋が 汗でじっとりとしている

  

まだ眠っていたい  

 

上方へ右手を伸ばした 

うちわがひとつ  置いてある 

 

半分眠りながら うちわを扇ぐ 

 

心地よい 

 

 

パタンッとうちわが落ちた音に気付いたけれど 

再び眠ってしまった

 

 

目覚めると もう昼近くになっていて 

ベランダから太陽がジリジリと 部屋の温度を上げていた 

 

側らに落ちたうちわを拾い上げて  

熱い体に 扇ぎ続けた 

 

 

そういえば、、、と 

幼い頃の記憶が  突然蘇る 

 

母はよく うちわを扇ぎながら  私を寝かしつけてくれた  

 

何歳くらいの記憶だろう 

母の胸あたりに私の頭 足先が母の膝下あたり 

 

母は私の方へ体を横に向けて  

うちわで 風を送り続けてくれた  

 

うちわを持つ母の手が だるくなって風が止まると 

要求して 我がままに ぐずった 

 

遠い 幼い日の記憶 

 

 

f:id:hentekomura:20170823205353j:plain

  

突然 母が逝ってしまったあの日から 

もう10年以上も経ってしまった  

 

ブラウスを買いに行きたいと言っていた母と 

2日後には一緒に買物に行く約束をしていた 

 

死はあまりに あっけない 

 

脳の血管が詰まったとか 例えば交通事故だとか 

そんなことは単なる言い訳で 

死ぬ時というのは すでに全ての人に

運命として決められていることではないかと感じる 

 

そんなふうに死を受け入れようと思ってはみても 

喪失感を拭えるわけもないけど   

 

 

f:id:hentekomura:20170823210952p:plain

 

死に化粧を施した時の  母の冷たすぎる肌の感触も 

火葬のあと 手に取った 母の骨も 

すべては確かな事として 認識した    

 

でも私の中で 母の生活は まだ続いている 

 

緊急の用以外は携帯ではなく 自宅の電話にかけてくる母だった 

今も帰宅して留守録ランプが点滅していると 

母からではないかと 思ってしまう

 

 

私の車の助手席に座り いっしょにドライブするのが 

なにより幸せと言っていた母の声が

いまも 運転中に 聞こえる 

  

それでも記憶は 確実に薄れていくのだろう 

悲しいけれど 人は忘れていく生き物  

だから こうして書き留めておきたい   

f:id:hentekomura:20170808160614j:plain

 

 

いつも仕事優先の娘を 母が気にいっていないことは解っていた 

 

いっしょに手芸したり ドライブしたり 

母の望みは知っていたけど 

私は 仕事に夢中だった 

 

 

愛犬の死と その1ヶ月後だった父の死 

そして 母の死 

重なる悲しみのあまり 半年間生理が止まってしまったあの頃でさえ   

仕事に追われて過ごしていた 

 

父や母にとって 私はいい娘だっただろうか  

  f:id:hentekomura:20170808161053j:plain

 

 

 

うちわを扇ぎながら 横向きになる  

母の胎内にいた時のように 背を丸くして 

  

側らに母を感じる

 

涙が片方の目から もう片方へ流れ込む

 

仰向きになる

 

天井を見つめながら 

溢れた涙は目尻から両サイドへと 流れ続ける 

 

 

 

ひとしきり泣いたら 起きあがって  

さぁ きょうも 

笑顔の一日にしよう 

 

f:id:hentekomura:20170808161340j:plain

 

 大好きな曲 ♪  


月のしずく

 

月のしずく

月のしずく

  • rui
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました  

感謝♡

あなたの明日 笑顔でありますように☆

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村