へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

(夏に冷んやり)チョト怖かった体験と恐怖心は  

f:id:hentekomura:20170727010102j:plain

 

昨日は 幽霊の日?!

そんな日があるなんて知らなかったww

 

でっ  イチニチ出遅れた感ありで  

幽霊かどうかも分からない話しなのだけど 

思い出してしまった不可解な体験を 書き留めておく   

 

自転車旅の途中  

 

駅前 ロータリーに  タクシーが数台並んでいて  

ドライバーたちはたむろして  何やら楽しそうに会話していた   

 

自転車を降りて押して通り過ぎようとする私に

その中のひとりが「どこまで行くの?」と声をかけてきた 

 

今から思えば ただ からかわれただけのことかもしれない 

   

「この先のトンネル  気を付けた方がいいよ  出るから」

  

・・・出るって?!  

 

ドライバーたちは顔を見合わせながら  

それ以上の話は、、、という雰囲気で 

 

私は気にせず その場をスルーすることにした 

 

いや 

気にせず、、、というのは嘘になる 

けど 

旅を続けるには進むしかない  

 

f:id:hentekomura:20170727011158j:plain

しばらく走ると トンネルがあった 

国道といっても 自転車専用道なんてなく 

トラックは肩スレスレに飛ばしてゆく  

 

次から次と来るヘッドライトのお陰で 

トンネル内の暗闇の恐怖というのは それほど無かったのだけど 

1秒でも早く抜け出したくて ペダルを回転させていた 

 

グンと 突然ペダルが重くなった 

トンネル出口の明かりは小さく まだ随分先   

登り坂でもないのにオカシイと感じた瞬間 

 

背中に重みが 

 

誰かが背中に乗ってきた と感じた 

 

駅前で余計なことを聞いてしまったせいで 

恐怖心からの錯覚なのか 

 

存在するのかどうかも知らないけど 

恐れる心が霊を引き寄せると聞いたことがある  

怖がったら 負けだ 

 

「おりてくださいっ!」

「重いから おりてっ!」

 

大声で𠮟りつけるように叫ぶと すぐに 

スーと 背中の重みは離れていった 

 

いたずらな霊が いい人だったみたいで 

聞き分け良く すぐに離れてくれた? 

それとも 

単なる 精神的な影響による錯覚だった? 

 

むしろ 後者の方が 怖いかも  

自分で自分を追い込んでしまう精神の弱さ 

 

 

f:id:hentekomura:20170727011436j:plain

思うのだけど 

やっぱり野生動物ってスゴイ 

 

真っ暗闇のジャングルでも 

彼らには恐怖心って無いのだろうか 

それとも恐怖心と戦う日々で 寿命を縮めているのだろうか 

 

どちらにしても 

野生には畏敬の念しかない  

 

私なんて 裏山の散歩でさえ  

夕暮れになってしまっただけで  

急ぎ足で坂を下って帰って来るのにww 

 

恐怖心って 

自分で作り出してしまうものなのかも  

 

 

7月26日 幽霊の日   

イチニチ遅れで 書いてみたww  

 

ところで きょう7月27日スイカの日らしい  

スイカの種飛ばし最高記録は19.9mだとか 

 

どうでもいい明るい話で終わっておく 笑

 

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪ 

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村