へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

不思議すぎた記憶(白蛇塚とカエルの引っ越し)

f:id:hentekomura:20170610234827j:plain

 

こんな梅雨の時期だった 

中学生だった私は ドシャ降りの午後 

不思議な光景を目にした 

 

家の東側に 高さ2m程の白蛇塚と呼ばれる大きな岩があって 
その向こうに カエル池と呼ばれる池があった

 

その池から 次から次と出てくるカエルの行進が    

窓から見つめる私を釘付けにした     

 

前に歩くカエルに遅れないように  

どのカエルもワッセワッセと 懸命に歩いていた   

 

小さいカエルをおんぶするように背負った 

2段重ねのカエルも何組かいて  

みんなで引っ越しするのかなと感じた  

 

池の全てのカエルが出て来たかと思うほどに長い行進は 

西の方向へと見えなくなっていった   


一体 何処へ向かったのだろう 

近辺に 池は他に無い 

f:id:hentekomura:20170611013834j:plain


カエルたちの行進から10日程して 
宅地開発に伴う池の埋め立て工事が始まった  

 

改めて驚いたのは あの雨の日が 

彼らの引越しの最後のチャンスの日だったということ 
 
・・・察知してみんなで引っ越した!?  

 

あの時 

付いて行って 何処へ行くのか確かめれば良かったと  
今も後悔している  

 

 

池がなくなってから  

祖母は毎朝 グラスに水を八分目入れて

小さな神棚に置いていた 

  
大岩に済む白蛇が水を飲めるようにと祈って 


 
グラスの水は全く減らない日もあれば 

半分になっていたり 
ほとんどなくなっている日もあった  


 
ある日 祖母の部屋でひとり 

   
グラスの水が一筋 重力に逆らって側面に立ち上がり 
やや厚みのあるガラスの淵を乗り越えて  
1ミリ刻むかのようにゆっくりと 

棚から床へと濡らし伝い落ちるのを見た 

 

超常現象のようなこんな話は 誰も信じはしないだろうけど 

棚から床まで 湿った跡のような茶色い染みが残っていて 

   
その染みを不思議がる母に 祖母は  


「白蛇さんが飲んだのだよ」 と説明していた 

  

その現象を自分もいつか見る日があるだろうと 母は信じた  

 

f:id:hentekomura:20170611014451j:plain

 

池の埋め立て工事が始まってから 3か月ほど経った日 


大きな声で呼ぶ祖母の声に 母と私は急いで庭に出た  

「ほら!」と祖母が 床下を指差して「見て」という 

 

腰を屈めて覗いた床下の土の上に
蛇が移動したような波形が残っていて 


そこから大岩の方まで 

うっすらと 蛇行の跡が続いていた 

    

「ゆうべ夢の中に 白蛇さんが挨拶に来て  
今まで水をありがとう 天界へ旅立ちます って言ったのよ」 

 

大岩に向かって手を合わせる祖母を見て 

母も私も 手を合わせた 

 

・・・天界への道 どうぞ安らかに


声には出さなかったが 胸の中で祈りながら 

「さようなら」という言葉は必要ないと感じていた  

 

そこに息づいていた魂の記憶は 大岩に刻まれていて 

話し掛ければ 天界へと繋がっているような   

 

 

棚から床までの茶色い染みは  

消えずに ずっと残っていた

 

f:id:hentekomura:20170611021212j:plain

 

いま暮らしている住宅街の西には 

里山へ続く緩やかな上り坂が伸びていて 

坂の両側には畑や 古くからの民家が点在する 

 

東には 川が南北に流れていて 


振興住宅街を東西に貫く2本のコンクリート水路は 
昔 小川が流れていた跡で    
そのせせらぎは動物たちの水飲み場だったらしい 


シカ イノシシ タヌキ・・・みんな何処へ行っただろう 


住む場所を追われた野生動物たちに後ろめたさを感じながらも 
不思議溢れる この山手の街を気に入っている 

 

 

耳を澄ませば 

かつてこの地に息づいた魂の音が聞こえる 

 

あの日 

不思議をみせてくれたカエルたちも 

どこかでキット 魂を繋いだに違いない  

 

生殖という子孫の引継ぎとは また違う 

” 魂の引継ぎ ” 

 

 

畏敬の念を抱かずにはいられない  

   

f:id:hentekomura:20170611014750j:plain

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村