へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

父の日に 父の最期の記憶を 

f:id:hentekomura:20171028171257j:plain

 

今夜が峠だと医師から告げられた夜 

父が横たわるベッドの 

足元に置かれた椅子に 私は座っていた 

  

 

深夜2時を過ぎて 

憔悴しきった母を見かねて 

看護師さんにお願いして 別室にベッドを用意していただいた 

 

父と二人きりの病室で 高い天井を じっと見上げてみた  

よく聞く 

体から離脱した魂は 天井に浮かび上がって 見下ろしていると 

 

でも 見上げた天井に 父の気配は感じられなかった 

 

もう 何も喋らない 声を出すことも無い父は 

ベッドの上で 

危なっかしく この世の端っこに横たわっていて  

テレパシーで 会話を試みても 何も聞こえない 

静かすぎる夜だった 

 

 

足が冷たい! と父が感じている気がして 

足元の布団に手を入れて 触ってみた 

 

微かな父の体温 

むこうづねから足首へと さすった  

 

どんどん冷たくなっていく父の足を

明け方まで さすり続けた 

 

 

いろんな場面での父の顔が浮かぶ  

 

少年みたいにイタズラで やんちゃな父 

 

ドライブや旅行が好きで 

いつも いっしょに出掛けたがった父 

  

人の借金を背負っても 人を信じ続けた父 

 

世話好きで 社交的で 

人を喜ばせることが なにより嬉しかった父 

 

 

f:id:hentekomura:20170618150515j:plain

  

朝日が昇るころ 

父の足は 氷のように 

冷たくなった 

  

 

年月が経った今も 手に残る感触が  

父との最後の思い出になってしまった 

 

 

たくさんの苦労があった父の人生の中で 

故郷の 

少年時代を過ごした喜界島が 

最もシアワセな時期だったのだと思う 

 

死んだら 

骨は撒いてほしいと言っていた父は 

いま 

喜界島の海にいる  

 

 

童心に返って しぶきをあげて泳ぐ 

シアワセそうな父の顔が浮かぶ 

 

f:id:hentekomura:20170617144433j:plain

f:id:hentekomura:20170617144040j:plain

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村