へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

人生相談されて 葛藤した件 

 

f:id:hentekomura:20170414154959p:plain

 

意見を求められて 正直に答えることは 
時に恨まれる 覚悟がいる 

 

「見合い相手と会うの いっしょに行って欲しい」

 

頼まれた時は 驚いた 

 

彼女は ダンスレッスンのメンバーさんのひとりで 
親しい友人というわけではない 

 

相手男性と結婚しても良いかどうか 見極めて欲しいと言う 
 

・・・なんで私に? 既婚者だから安心?    

 


「信頼できる人は 他に見当たらないから」 

 

「ムリだよ 人生の大事な判断に関わるなんて」
 

 

 

何度も断ったけど 結局 付き合うことになって 

某ホテルのラウンジでの ディナーに出掛けた 

 


彼女の前の席に座る 見合い相手の男性 37歳 医師 

 

私の前に座る男性 見合い相手の友人 医師  

 


先方にも 友人同伴を提案したのは私だった 
友人との会話から見える人柄もあるかと 

 


食事をしながら 予想通りの会話展開 

友人男性は 彼のことを 褒めちぎる 

 

私はというと 

張り切って 彼女を褒める必要はなかった 

 

彼女は 綺麗で知的で 笑顔もカワイイ 

 

相手男性が 
すぐにでも結婚したいという目になっているのが分かった  

 

 

 

帰り道 
私は 葛藤した 

 

感じたままを 正直に伝えるべきかどうか 

 

f:id:hentekomura:20170414161013j:plain


いま29歳の彼女が 
30までに結婚したいと思っていることを 知っている 

 

ご両親が早く結婚させたがっていることも 彼女から聞いている 

 

1度だけのディナーで分かるはずもないが 彼は温厚な人に見えた 

 

世間的に言えば 医者なら 経済的に安定か 

 

 

 


けど 答えはNO 
私だったら 彼とは結婚しない 

 

 

彼女に どう伝えるべきか 迷った  

 

 

f:id:hentekomura:20170414161241j:plain

まず身の上話をした 

 

生涯 流浪の旅人になることに憧れていた私は 
結婚はしない 子供は持たないと 

高校2年の時から 決めていた 

 

そんな私が 23で結婚した 

 

20歳の半年間 日本一周の自転車ひとり旅を終え 
次の自由のために 資金作りに働いていた22歳の夏 


彼(いま旦那さま)に出会った  


グラフィックデザイナーの駆け出しで 
安い給料で 通帳残高はゼロの彼  

 

事故を起こした後で 車も持っていなくて 

結婚するまでの10か月間のデートでは 
いつも私が車で送り迎えするのだった 

 


「結婚は 直感!」 彼女に伝えた 

 

彼女はと 聞くと 
今回の見合い相手から 何ら直感を感じないと言う 

 


後日 

彼女の新たな見合いデートには 

もう誘われることはなかった 

 

医師との縁談を断った際 

母親の私に対する怒りが かなりだったと 彼女から聞いた 

 

「何の権利があって 縁談をぶち壊すのか」 と 

 


・・・ごもっとも 

  

 

f:id:hentekomura:20170414161917j:plain

 

 

 

 

2年経って 

 

彼女から 絵葉書が届いた 

 

「主人の転勤で いまオランダです」 

 

休日にはふたりでアチコチ旅行しているという 
幸せそうな ふたりの写真付き 


彼女の肩を抱く優しそうな男性 

 

ヨカッター!!  

 

涙目 

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪


にほんブログ村