読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

“SAPEURS(サプール)” おしゃれな男たちの魅力は生き方にある

コンゴの首都ブラザビルの郊外にある「バコンゴ地区」

 

3割の人々が1日の生活費130円以下で暮らしているという貧困層 

決して豊かとは言えない「バコンゴ地区」

 

 

サプールと呼ばれる人たちは 

何ヶ月分もの給料を費やしてブランドに身を包み

オシャレを楽しんでいる

 

オシャレを楽しめばサプールになれるのかというと

決してそうではない 

 

紳士としてのルールと教養を身につけ 

精神的に豊かであることが 何よりも大切なこと

 

「武器を捨て エレガントな装いをしよう」

 

 

サプールの1人ゼブラン・ムイエンゴさんの言葉 

  内戦の際に「3日くらいで戻れるだろう」と思い 

  庭に穴を掘って大切な洋服や靴などを埋めておきました 

  けれども 実際に戻れたのは1年以上経ってから 

  やっと帰れた時に 埋めたものを掘り出そうとしたところ…

  洋服も靴もベルトも…何もかも、ボロボロになっていました 

  平和でなければサップでいられない 

  サップのいない町では 

  環境が良くなることもない…そう感じました  

 

 

バコンゴ地区にはゴミも多く 

教育も行き届いているとは言い難い状態

幾度となく内戦が起こるコンゴという地で

彼らは 平和を願い 主張しているのだ

 

サプールの画像はコチラ

 

 

 

私はブランドモノには

まったく縁ないB系・HIPHOP系ですが

自分らしさのおしゃれには こだわりたい

平和を願うサプールの行動に共感します   

 

f:id:hentekomura:20170104133745j:plain

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪     

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村