へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

失敗も旅のスパイス in N.Y.  命の危険を感じた件

f:id:hentekomura:20170805140334j:plain

 

ニューヨーク 滞在3日目  

暮れかけたセントラルパークで

何者かに付きまとわれた 

 

危険と安全が紙一重の社会

油断は禁物

 

 

「気味悪いな」

 

旦那さまの言葉をキッカケに

不審者が誰なのか 確認する距離に近づく前に

ふたり小走りで逃げた

 

銃社会での日常なのか

この街のショップの入口には 

ピストル携帯の大柄なガードマンが

睨みを効かせて立っている

 

 

ショッピングを楽しんでの帰り

時刻は22時を過ぎていた 

 

両手にいっぱいの紙袋をぶら下げて

タクシーを止めた

 

 

 

 

・・・シマッタ!

 

乗り込んでから気付いた 

 

 

・・・このタクシーはイエローキャブじゃない! 

 

 

f:id:hentekomura:20170805140810j:plain

タクシーなら当たり前の料金メーターが付いていない 

助手席にはピストル 

運転手はボクサーのような腕の太い白人 

すでに走り出している 

 

不安ながらも目的のホテル名を告げた

 

「○○HOTEL, please

 

「$65 OK?」

 

腕の太い運転手が

これまた太い声で即座に料金を言ってきた

 

・・・65ドルなんて オーケーじゃない!

   20ドルもしない距離のはず

 

Stop here! We'll get off !

 

降ります!と言っても

バイパスに入ったからここで止めるのは無理と言う

 

高すぎる!と抗議すると

じゃぁ40ドルで と下げてきた

 

fourteen?」

 

fourty と聞き取れてはいたが

あえてfourteen

とぼけて返事してみた

 

No! 40!」

 

「$14?」

 

もう一度返してみる 

 

 

すんなりと払ってしまっては

今後も日本人はバカにされ

カモにされてしまう

 

このやり取りを何セットか繰り返したあと

 

No!

 

英語発音の理解できないコノ日本人めっ! 

とばかりに大声で叫んだ運転手は

ハンドルに乗せたままの手で

メモを書いてよこした

 

渡された手のひら大のメモには

”40!” と書かれている

 

「なんか怒ってるぞ」

 

英語は苦手だから旅行中の会話は任す 

と言っていた旦那さまが

不安そうに口を開いた

 

早く対処を考えなければ

ピストルを向けられそうな気配

 

 

運転手がバイパスだというアンダーパスを抜けると

通行人も無く うす暗い倉庫街のような殺風景な通りに出た 

 

ガイドブックのマップを思い出しても

ホテルへの道にトンネルなんて記憶に無い

 

何処へ向かっているのか

 

 

Stop here!」

 

運転席を後ろからドンドンと殴ってみた

 

 

車は止まらずに走り続ける

 

「次の信号で止まったら

 そっちのドアから降りて! 私はコッチから」

 

囁く私に 頷く旦那さま

 

ただならぬ気配を 黙って理解してくれた

 

頭の中でシミュレーションしながら

後部座席でふたり その時を待った

 

 

数分後 車が信号で止まった

 

OK!  I pay you!

 

旦那さまがドアを開けたのを確認してから

少し怒った演技をして

財布からドル札を出すフリをした 

 

さっき渡されたメモを手でクシャクシャと丸めて

後部座席に投げ 車を降りた

 

ドル札を投げられたと納得したのか

車は走り去ったが 

 

旦那さまに叫びながら

すぐに全速で走り出した

 

「走って! 早く走って!

 明るい通りに向かって走って!」

 

「えーー?!払ったんやろ」

 

「払ってない! 紙クズ! 

 気付いたら戻ってくるかも!」

 

 

ふたりとも両手に買い物した紙袋を

バッサバッサと足にぶつけながら

息を切らして全速力で走った 

 

 

 

f:id:hentekomura:20170805140917j:plain

 

明るい賑やかな大通りまで2ブロックほど走って

イエローキャブに乗り込んだ

 

南米系の陽気な運転手にホッとしたと同時に

旦那さまの説教が始まった

 

「支払えば良かったのに

 こんな危険なことは 二度とするなっ!」

 

「だって 言われるままじゃ 悔しいじゃん

 また誰かがカモにされるし」

 

「無事だったから良かったものの、、」

 

 

 

私はよく説教される

 

近所迷惑な暴走族のバイクを仁王立ちして止めた時も

 

「あんなマネは二度とするなっ」と叱られた 

 

 時々無茶をしてしまうことは自分でも自覚している 

 

 

けど 

刺激があってこそ 日常を離れた旅の醍醐味

全てが  思い出のスパイスになる 

 

ということで 許されたい 

 

 

マメ知識

 

 

・ チップは基本的に料金の15%~20% 

  「Keep your change」「おつりは取ってください」と言って渡そう

 

・ 運転手に行き先を伝えるときは

 「ストリートとアベニューの名前」を伝えよう 

  N.Y.の街は碁盤になっているので わかってもらえやすい 

 

・ NewYorkの白or黒タクは ほぼぼったくりで違法     

  気を付けよう! 

 

 

f:id:hentekomura:20170805141049j:plain

 

きょうは「タクシーの日 」という記事を見て 

思い出し書いてみたww 

「タクシーの日 」詳しくはコチラ 

www.yuru-ppo.xyz

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村