へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

旅立ちの日

f:id:hentekomura:20170911011237j:plain

 

10代最後の年

 

生涯流浪の旅人になろうと 決心した

地球には まだ見た事もない大自然や

さまざまな人たちがいる

 

果てしなく旅して

 

たとえば 砂漠で 野垂れ死んだとしても  

 

それはそれで  いい人生だと思えた

 

  


旅立ちにあたって まず問題は 両親の説得だった


「可愛い子には旅をさせろっていうでしょ

だから   旅に出る


両親にとってこの言葉は

あまりに突然のことだったに違いないし

 

かなりの反対が予想されたが 

 


じゃ計画書を提出してみなさい

 


意外な父の返事に

 

私の企みは あっさりと許可されたかにみえた

 

 

早速 地図を買い  日々進む距離まで記入して

 

かなり綿密な計画書を提出した

 


内容は

大阪から (当時市内に住んでいた) 紀伊半島を回り

 

大平洋岸沿いに青森まで北上して  北海道へフェリーで渡り

 

北海道を一周して

 

最北端礼文島からは  日本海側を九州まで下り

 

四国から大阪へ帰って来る  というものだった

 

 


私の真の企みは 世界へ出ることだったが

 

それを両親に告げるのは  いきなりすぎるかと思い

 

少し押さえて まずは日本一周にしたのだった

 

  

 

歩いてよりは少しスピードがつくということで

 

自転車旅行を思いついた

 

 


計画書を見た父の顔色は 変わった

 

 

自転車?!乗った事ないじゃないか

 

 

確かに  私は自転車も 持っていなかった

 

でも 友達のを借りて  何度か乗った事はある

 

明らかに 私の旅を阻止しようとする父の質問が続いた

 


「どこに泊まる」

 


「ユースとか」

 


「お金は?」

 

 

「貯金24万あるから 郵便通帳にしたら全国郵便局でおろせるし」

 

 

「足りるのか」

 


「足らなかったら 途中でバイトする」

 


「旅に出たら ピアノ弾けなくなるぞ」

 


・・・もう さんざん弾いたよ と心の中では叫んだが 

 

娘をピアニストにすることが夢だった父には

 

言えなかった

 

 

 

f:id:hentekomura:20170513190111j:plain

 

幼稚園の頃から 毎日ピアノの練習をさせられてきて

 

私の中では もうとっくに  挫折していた

 


「帰って来たらまた弾くよ」

 

 


私は懸命に両親を説得した 

 

 

井の中の蛙で このまま成人するわけにはいかないこと

 

苦労も経験しなくては  いい大人になれないこと

 

とにかく 19才の今 

やってみたいんだという意志を  訴えた

 

 


父からの条件として

 

まず 琵琶湖を一周してくることが出来たら

 

日本一周を許可する  ということになって

 

 

早速 自転車を買って  3泊4日で条件をクリアして

 

いよいよ 日本一周に旅立つこととなった

 

 


父は 新たに2つの条件を出してきた

 

1 旅先から 毎日電話を入れる事

 

2 男の子に見えるように 坊主にすること

 

 


長かった髪を  限り無く坊主に近いショートヘアにして

 

毎日電話する事を 約束した

 

 

 


 

旅立ちの朝 

 

 

母は 玄関で見送るのが精一杯だった

 

私が出たあと 泣き出したに違いない

 


父は さすがに男だ

 

買ったばかりのビデオカメラを手に

 

旅立つ姿を撮ってやるんだと

 

一緒に家を出た

 


無言の父と並んで

 

押して歩く自転車は  かなり重かった

 

ハンドルには フロントバッグ

 

後輪には 着替えなど

 

最低必要な身の回り品で

 

両サイドバッグは  パンパンに膨らんで

 

その上には シュラフなど 

 

荷物だけで  10Kgを超えていた

 

 

そして 背負ったリュックには

 

母が握ってくれた 大きすぎるおにぎりが

 

6個も入っていた

 

 

 

 

表通りまで出て  ようやく 父が口を開いた

 


「ここから乗ればいい  直線だから  後ろ姿ずっと撮っててやるよ」

 

 


自転車にまたがって

 

「じゃ 行ってきます!」 と手を挙げると

 

父は すでにビデオカメラを右目にあてていて 

 

私は ペダルを力強く踏み込んだ 

 

 


直線の道が切れるところまで走って  左折する瞬間

 

父を振り返った

 


右手に カメラをだらりとぶら下げ

 

左手は 目頭を押さえていた

 


遠くに小さくなった父の その姿は

 

グサリと 私の胸を突き刺した

 

 


裂けた胸のまま 国道26号線を南へひた走り

 

全走行距離7000Km

 

184日間のひとり旅が

 

ここから 始まったのだった  

 

f:id:hentekomura:20170617202400j:plain

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村