読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

巫女(みこ)だった

15歳の時

神社に隣接する結婚式場で

始めは気軽に始めたアルバイトだった 

 

 

白い着物  白足袋  赤い袴

装束(しょうぞく)だけでも  嬉しかった

 

カシコミ~ カシコミ~

神主さんの 祝詞(のりと)の後 

三々九度(さんさんくど)のお神酒(おみき)を

一回 二回 三回目と少しづつ  新郎新婦の盃に注ぐ

 

 

お正月といえば 毎年 寒い社殿に座っていた

暖房は火鉢だけという

 

 

巫女(みこ)だったいう過去

オコガマシクテ  恥ずかしいという思いが

今も消せない


特にお宮参りの  ”鈴払い”という儀式

おじいちゃん おばあちゃん 御両親に囲まれて

真っ白な着物に包まれた 小さな大切な命

その頭上に 手首を回しながら 鈴音を立てて お払いする

 

無宗教のこの私が・・・ ほんと ごめんなさい

 

でも鈴を回しながら  心から祈った

この子の人生が 幸せでありますようにと

 

そんなアルバイトの ある日

伝承の神楽舞を教えるから 

踊り手にならないかと 声をかけられた

 

大太鼓  小太鼓  横笛  小型シンバルンのような

名前も知らない 日本古来の楽器たち

その神秘的な音色に合わせて 神前で踊る

神聖な 神楽舞(かぐらまい)

 

何ごとも体験主義!  即答で弟子入りし

片道1時間以上かけて 毎週末  神楽舞を習いに通い

 

数カ月後

 

剣(つるぎ)の舞・鈴の舞・扇の舞・鈴扇の舞・・・

いくつかの神楽舞をそれなりに踊れるようになって

夏祭りの時期には  各地の神社へ連れられ 神楽舞を奉納した 

 

 

社殿の中から眺める夏祭りの風景というのは

賽銭箱を境にして  まるで異空間に映った


お面の店  リンゴ飴の店  ヨーヨー釣り・・・

裸電球の連なる露店の派手やかさは

普段はひっそりと闇に包まれているはずの境内を 

非日常の空間に変えていた

 

ゆかた姿の子供連れの親子や  手を繋ぐカップルや

仲良さそうな老夫婦や  友達のグループ

ぶつかりそうで ぶつからない距離を楽しむかのように

大勢の人々が  晴れやかな表情で行き交っていた


勢いついて投げられた賽銭がぶつかって

時折痛い思いをすることもあったけど

踊りの出番を待つ間

ただぼんやりと そんな風景を見ているのが好きだった

 

 

神楽舞が始まると  

賽銭箱の向こう側に  ひと時

群集の足が止まり  注がれる視線を感じた

 

 

もしかして

誰かの夏祭りの思い出の中に

私の舞い姿  残っただろうか

 

f:id:hentekomura:20170103133759j:plain

 

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村