へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

最後の刺し子布巾と この時期開ける宝箱

 f:id:hentekomura:20171027165629p:plain

 

母 手作りの 刺し子の布巾(ふきん)が 最後の1枚になった  

生前に 3枚貰った布巾は ボロボロになるまで毎日使って 

 

最後の1枚になった 

 

「布巾なんだから 使ったらいいんだよ」 

 そう言っていた 母の声が聞こえる 

  

 とりあえず 最後の1枚 記念写真☆  

 

f:id:hentekomura:20171025153451j:plain
f:id:hentekomura:20171019164934j:plain

  

母は 私と違って 手芸が得意だった 

松笠編み?だったっけ かぎ針の編み方教わって 

深緑色の毛糸で 大判のストール 編んだことあったけど 

唯一  私の自信作ww  

 

棒編みも 母から教わった 

けど 

彼のために編んだロングマフラーは 

ピサの斜塔みたいに斜めにカーブしていて 

 

「どうやったら こんな風に編めるのかしらん?」 

首をかしげる母と 大爆笑の彼  

 

編み物に向いていない自分に 気付いた 

 

f:id:hentekomura:20171019205843j:plain

 

仕事に夢中になってからは 何年も  

母と過ごす時間は あまり無かったように思う   

 

たまにドライブに出掛けると 

助手席で母は 決まって 言うのだった 

 

「こうやって 隣に座っている時間が 何より幸せ」 

 

いっしょに過ごす時間を もっと作ってほしいという  

母の望みは 知っていた  

けど 

私はいつも 仕事に夢中で 忙しかった  

 

f:id:hentekomura:20171019212233j:plain

 

ちょっと気が早いけど 

クリスマスのオーナメントを飾ろう 

 

” この時期 開ける宝箱 ” がある 

 

母の手作りオーナメント  

「これで毎年 いつまでも思い出してくれるでしょ?」 

 

いたずらっぽく笑っていた母の企みは 大成功だ 

 

毎年 母に語りかけるように 飾り付ける 

ドアノブに引っ掛けたり 棚に立て掛けたり 

 

地味な飾り付けだけど 

毎年  早過ぎるクリスマスが 

母の想い出と共に やって来る♪  

 

f:id:hentekomura:20171019212721j:plain
f:id:hentekomura:20171019212726j:plain
f:id:hentekomura:20171019212727j:plain
f:id:hentekomura:20171019212728j:plain

   

読んでくださりありがとうございます 

感謝☆ 

あなたの明日に 愛を♡

 

 

www.rairi.xyz

 

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪  

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村