へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

代行レッスンの仁義と 月が綺麗で 清々しかった夜  

 f:id:hentekomura:20171202163642j:plain

 

同業のダンスインストラクターTさんからLINEが入った 

嫌な予感、、、

 

やっぱり、、、代行レッスンの依頼だった  

彼からLINEが来るのは 決まって頼み事 

 

「いつも急で悪いんですけど」 

 

いつものパターンだ 

そりゃぁね 風邪ひいて熱が出るのは 

急なことだし それを理由に頼まれると 断り辛い 

 

「今日の21:00からのレッスンなんですけど」

 

その時間帯 行けなくはないし 

迷ったけど 「了解」と返信して 先日 

車で40分程の 久しぶりのスポーツクラブへ出掛けた 

 

代行レッスンは できれば行きたくない 

どうして嫌なのかというと 

 

レッスンを受けるメンバーさんたちは 

担当インストラクターが気に入って 

いつもそのレッスン受けているのだろうし  

 

代行となると 

「なぁんだ~」と ガッカリ感があったり 

 

いつもの進め方と違って 

動き辛い~みたいな表情されたり  

 

とにかく 

出来ることなら 代行レッスンは引き受けたくないっ    

だけど 

義理と人情で つい引き受けてしまう 

フリーのイントラ同士 お互い様だしね 

 

・・・ん? 私は彼に代行お願いしたコト 一度も無い 

私 風邪ひいてレッスン休んだことが 一度も無い   

” お互い様 ” でもないけど まっいいか 笑 

 

頼まれて出掛けたクラブは  

久しぶり過ぎて 妙に緊張してしまった 

 

メンバーさんたちと同じロッカールームで 

 

「きょうは 代行だってよーー」 と聞こえてくる 

 

・・・とっとと仕事して 帰りたい 

 

 

f:id:hentekomura:20171201215122j:plain

 

早めにスタジオに入って 

音響やマイクの確認をする 

 

久しぶり過ぎて 緊張が止まらない 

振付けを頭の中で確認したり 靴紐を締め直したり  

 

 

レッスン時間が近づいて 

ゾロゾロと集まり始めたメンバーさんのひとりから 声を掛けられた 

 

「お久しぶりです」 

 

見覚えがある  

以前にも 私の代行レッスンを受けてくれた女性だった 

 

「わー お久しぶりです ダンス頑張ってらっしゃるんですねー♪」

 

嬉しかった 

ダンスをずっと好きでいてくれて 嬉しかった 

 

彼女と最初に出会ったのは 5年位前で 

何度か私の代行レッスンを受けてくれている  

 

レッスン終了後のロッカールームで 

「どこへ行けば 先生のレッスン受けられますか?」と 

尋ねてくれた女性だった 

 

残念なことに それを伝えることは出来ない 

 

代行の仁義 というか 

行った先のメンバーに自分のレッスンを宣伝したり 

メンバーさんを引き抜くなんてことは 

私は 絶対にやらない 

代行は代行の役目だけ キッチリとやればいいこと 

 

Tさんも その辺を安心して私に代行を頼んでいたのかもしれない  

 

f:id:hentekomura:20171201215835j:plain

 

レッスン終了後

「また先生のレッスンを受けたいです」と言ってくれた彼女 

「次は いつ来られます?」 

 

「さぁ、、、また来れるかどうかは、、、」

 

歯切れ悪い返事に 

きっと 愛想無く思われたに違いないけど 

心の中では ハグしたいほど嬉しかった   

 

 

レッスンを終えて帰り道 

月がスンゴク綺麗で 清々しかった 

 

フロントガラス真正面に 大きな月 

なんだか全てを 浄化しようとしているような 

神々しい月明かり 

 

代行引き受けてよかったぁ~ と思えた 綺麗な月の夜だった   

  

 

 

読んでくださりありがとうございました 

感謝☆ 

あなたの明日に ♡♡♡  

f:id:hentekomura:20171204184816j:plain

 

ポチッと応援よろしくお願いします♪ 

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村