へんてこ雷理の

知りたいコト 調べたコト 体験したコト etc.

衛星画像と考古学 幻の「ウバール遺跡」は発見された  

 f:id:hentekomura:20171009000947j:plain

 

イキナリ のっけから話 ソレるけど 

もし 宇宙が膨張しているのだとすれば 

見上げる夜空の星の数は スカスカに少なくなっていく? 

 

ビックバンから現在   

宇宙誕生から138億年の今こそが 

もしかしたら

宇宙研究に一番適している時なのかもしれない?    

 

きょうの本題は 「衛星画像と考古学の合体」により  

砂漠に埋もれた 幻の都が発見されたコト   

 

発見には 宇宙からの衛星画像が大きな役割を果たし  

今 この時代になってこそ 可能になった発見といえる  

 

この時代に生きていることに 

ちょっとワクワクしてみたい 

 

衛星画像と考古学の合体で 幻のウバール遺跡は発見された

 

コーランアラビアンナイトに記述される「幻の都」が 

実在するのか否か 

1983年 考古学愛好家のニコラス・クラップは 

アラビア半島の合同調査をNASAに持ちかけた 

 

ルブアルハリ砂漠

 

f:id:hentekomura:20171008214303p:plain

 

ルブアルハリ砂漠は アラビア半島南部3分の1を占める砂漠 

 

ルブアルハリ砂漠 - Google 検索

 

こんな広大な区域を撮影出来るのが宇宙からの利点 

ちなみに   

サハラ砂漠にナイル川に匹敵する大河があったことも

宇宙からの画像によって解明された 

 

ウバール遺跡(オマーン)

f:id:hentekomura:20171008213853p:plain

 

宇宙から画像を撮影 → 肉眼で見えない細部をデジタル処理 

そして 

川床の跡キャラバンルートが浮かび上がった!  

 

f:id:hentekomura:20171008224812j:plain
f:id:hentekomura:20171008225546j:plain


左=デジタル処理画像 に 右=わかりやすく色付けしてみた 

 

キャラバンルートが交わる所 

そこには交易の都があったはず 

 

発掘が行われ 

ついに  発見された 

 

そこには  8本の塔と  高さ9mの城壁があった  

 

画像はコチラ  

ウバール 遺跡 画像 - Google 検索

   

 

コーランの記述によれば  

「高い柱を持つ都」「砂に埋もれて滅んだ」とある 

 

科学者と地質学者による調査では  

町全体が  

地下水脈が枯れて陥没したのだと考察した 

(絵ヘタだけど 左画→右画)こんな感じ

f:id:hentekomura:20171008233826p:plain
f:id:hentekomura:20171008234113p:plain

 

 

伝説だと思われていた都は 

数千年間発見されないまま 砂漠の中に埋もれていた 

 

地球上には ひょっとしたら まだまだ超古代文明の  

痕跡が眠っているのではないだろうか? 

 

衛星画像によって解明されるかもしれない今後に 期待が膨らむ 

 

 

 

読んでくださってありがとうございました 
感謝☆ 
あなたの明日に ワクワクを♡
 
 
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村